--年--月--日:スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] | スポンサー広告
2011年06月20日:!糖質制限実験・勉強
森永pino1箱一気食いで糖質制限解放実験
toushitsukaihou_title.jpg
haraheri_title.jpg


もしも、外出先でアイスを買い食いしなくてはならない状況になったら・・・

という、ドリフも納得の都合のよい言い訳を思いついた。

スタコラと近所のスーパーのアイスコーナーへ出向くと、本日アイスが69円!

ひとつひとつ、ひっくりかえして成分表を真剣に見比べる。

ice.jpg


これなら、半分はいけるかも、これも3分の1なら、10本箱入りタイプなら1個が小さいから・・・

おっとオイオイ、アイスを半分だけ食べて残りは明日・・・なんてしたことあったけ?己の意志の弱さをザクザクマルマルモリモリと思い出す。むりむり!絶対。

パカ〜っとあけたら、一気食い。

カキ氷だからとか、果物系シャーベットだからとか、カロリーが低いからなどという今までの選択基準は、糖質制限の前では無力なの。

そこでチョイスしたのがコチラ。

pino.jpg


今年で発売35周年を迎え、CMでは櫻井翔君が絶妙なバランスで作ってくれている森永pino。

森永HPによると発売当時の1976年とは、●冬季五輪インスブルック大会●五つ子誕生●流行語:はしゃぎすぎ、偏差値●話題の本:限りなく透明に近いブルー●邦画:犬神家の一族  ●洋画:ロッキー●ヒット曲:昔の名前で出ています(小林旭)、山口さんちのツトム君(川橋哲史)、S・O・S(ピンクレディー)
だってさ。ヒー。生きてる、わたし、生きてる!


森永pinoチョイス理由
1)チョコ味もバニラ味も楽しめてなんだか得した気分。
2)高級ではない(値段の問題)。
3)たいていどこでも売っているので「わたくしコレにするわ」とさりげなく言える。
4)1個単位で糖質量がハッキリしているので応用が効く(ホームパーティにファミリーサイズをお土産に持って行って供された時を妄想)。

pinoの糖質は1個2.8g。1箱一気食いすると2.8g×6個で16.8gを摂取することとなる。
1gの糖質で血糖値が3mg/dl上がると想定して、最大50mg/dlぐらいの上昇見込み。
上がっても当面の自分許容範囲(140mg/dl以下)程度ってことで早速実験開始だーっ!

実験開始ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飲み物に影響されぬように単独でいただきマッスー!

♥♥♥実験前値 11:36= 92  最大50up予想
♥♥♥1時間値 12:38=109  +17キタね。もっといく?
♥♥♥2時間値 13:37=104  おや、下がり始めた。

実験終了ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kuma_oyamark.jpg
【糖質制限食実験メモ】
なんだかとっても耐えてくれてうれしいわ。体調によるのかな。脂肪分によるものかな。
まぁ、糖質量が分かっているものをわざわざ実験することは無いんだけども、そこはホレ、絶賛刷り込み期間中だから。



関連記事
スポンサーサイト
[2011/06/20 ] | !糖質制限実験・勉強 | コメント(0)
<<1341 kcal 糖質21.4g ぐらいの日の記録 | ホーム | のんちゃんとお茶>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。